【吹奏楽譜】落夏流穂
2018/03/07

【吹奏楽譜】落夏流穂

「稲穂が流れ、夏が落ちる頃」という意味で、造語のタイトルをつけました。 夏の終わりから秋にかけての、気がつくと過ぎ去ってしまうような時間。 木々や空気が留まることなく次々と色めき移り変わっていく、そんな風景を一つのイメージとして描いています。   そして、もう一つ。「らっかりゅうすい」という音の持つ、元の言葉の意味。 落花流水。つまり、相思相愛です。そこに至るまでの過程、人間の感情の変化を前述の風景に重ね、ひとつの物語を紡ぐよ…

コンクール向きからポップス・アンサンブル譜など 多数取り揃えております。

コンクール向きからポップス・アンサンブル譜など 多数取り揃えております。