【吹奏楽譜】瓦礫の城 (CMBS-18005)
2018/03/07

【吹奏楽譜】瓦礫の城 (CMBS-18005)

瓦礫の城 /福島弘和

  「瓦礫の城」は、2014年武蔵野音楽大学のホルン科のホルンアンサンブルの委嘱作品として誕生し、翌年に埼玉県総合芸術高校吹奏楽部のご依頼で吹奏楽版に編曲、追加など改訂し、2017年大江戸シンフォニックウィンドオーケストラがコンクールに取り上げていただいた機にさらに改訂を加えたものが、この作品になります。
 「瓦礫の城」は、3.11の東日本大震災の際に、福島第一原子力発電所が、水蒸気爆発を起こした時の報道を見たのがきっかけでした。1986年チェルノブイリの事故からの教訓を学ばず、「安全」と国民を欺きながら、制御しきれずに日本中に放射能を待ち散らし、その後も、汚染水を海に垂れ流し、廃炉になるまで多額の税金を使うことになってしまった建物「瓦礫の城」の印象を音楽にしてみました。色々な感情の部分が、入り乱れますが、客観的に演奏したほうが、メッセージはより、強くなると思います。

タイトル 瓦礫の城
作曲者(編曲者) 福島弘和
編成 中〜大編成向き
演奏時間 10:00
グレード 4
参考音源 吹奏楽コンクール自由曲集 vol.3「落夏流穂」
価格 30,000円(税抜)
※代理店様への卸販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
(東京音楽制作合同会社 TEL 050-5899-9907 info@tokyo-music.net)
image